セキスイハイム・ツーユーホームにお住まいの方向けサイト

収納カウンセラー/飯田久恵先生から学ぶ

快適収納レッスン

家事ストレスの原因のひとつは、「家事の際にムダな動きが出る」「出し入れに手間がかかる」収納にあります。
飯田先生考案の「収納指数®」を使って、家事が「ラク」になる収納にしましょう。

収納指数が少ないほど、
家事が「らく」になります!

使いたいものが使う場所近くに、出し入れしやすく収納されている状態がベスト。
「収納指数」が少ないほど、手間が減って時間が短縮できます。

収納指数®の出し方

歩数

ものの
置き場所までの
移動歩数

アクション数

出し入れに
必要な動作数

収納
指数

収納指数が「多い」=ムダな動きが出る

「収納庫内」の「フタ付きボックス」にしまってあるスライサーを「取り出すまで」の収納指数。

歩数

4

アクション数

4

収納指数

8

収納指数を「少なく」改善!

シンク下の引き出しにすぐ取り出せるよう収納しておけば、移動0歩+2アクションだけで、 取り出すことが可能に。
「使った後に戻す」ことも考えると、もっと大きな差になります!

歩数

0

アクション数

2

収納指数

2

あなたも、現在の住まいの
「収納指数」を意識し少なくしてみませんか?

ものが片付く5ステップ

キッチンのものの「置き場所」と「入れ方」は、リフォームに限らず改善することができます。
ここでご紹介する5つのステップに沿って行えば、各ご家庭でも手軽に家事がらくになる空間に変えられます!

  1. ものを持つ基準を決める

    「本当に必要なもの」の基準を
    家族で共有する。

  2. 不要なものを処分する

    不要なものを取り出して「処分」する。

  3. 置き場所を決める

    少ない歩数で出し入れできるよう
    物の「定位置」を決める。

  4. 入れ方を決める

    少ないアクション数で出し入れできるよう
    「収納方法」を工夫する。

  5. 快適収納を維持する

    使ったら「常に」定位置に戻す。
    入らない量まで増やさない。

飯田先生監修の「片付け」
カタログ差し上げます!

収納カウンセラーの第一人者である飯田久恵さん監修のカタログです。
本当に暮らしやすい「収納計画」に役立つノウハウが満載の1冊。

ページ上部へ

セキスイハイムは、地球環境にやさしく60年以上安心して快適に住み続けることのできる住まいです

注文住宅

分譲地

賃貸住宅

オーナーサポート

リフォーム

中古住宅

住み替え

高齢者住宅

収納カウンセラー

飯田 久恵先生

一般社団法人 日本収納カウンセラー協会
(別称:ゆとり工房)理事⻑。

2011年よりセキスイハイムの収納コンサルタントを務める。
「アクション数」や「収納指数」の生みの親。

著書に、『本気で⽚づけたい⼈の整理・収納のルール』(中経出版)、
『決定版⽚づけられない⼈のスッキリ収納術』(学研パブリッシング)ほか。