セキスイハイム・ツーユーホームにお住まいの方向けサイト

蓄電システムの仕組み

蓄電池に余った電気を貯めておけば、
夜の買電も抑えられる

蓄電池に余った電気を貯めておけば、夜の買電も抑えられる
1日の電力のうごき

1日の電力のうごき

蓄電池の
メリット
  • 自家発電して昼間に余った電気を夜に使える
  • 安い深夜電力も充電できる
  • 夜間の停電時にも電気が使える

万一の災害による停電時も、
電力確保で自宅が安心の避難所に

【非常運転モード】※2
頑丈なハイムこそライフラインの確保を

夜間の停電時でも自宅で電気が使えます※1。照明はもちろん、TVや携帯電話から最新情報の入手が可能。冷蔵庫も使えて便利です。

夜に蓄電池が空になっても、翌日また充電

もし夜の間に蓄電池の電気を使い切ったとしても、翌日にまた太陽光で発電して蓄電池に充電し、夜になればまたその電気を使うことが可能。安心のサイクルを実現できます。

  • 同時に利用できる電力量には制限があり、停電時の蓄電量によって、使用できる電力量が異なります。
  • 蓄電池のタイプによっては、停電時の電力が使用可能なのは、事前に計画したコンセント・スイッチに限られます。 このイラストはイメージです。

電気自動車(VtoH)の仕組み

電気自動車があれば、余った電気の活用
の幅がVtoHでさらに広がる

VtoHの
メリット
  • 外で充電した電気を家でも利用可能
  • 停電時にも電気自動車の電気が使える※3
  • 太陽光で創ったクリーンな電力でエコドライブ
  • 停電時において、電気自動車の蓄電池容量が自動車メーカーが設定している放電下限値(車種により異なる)を下回る場合、宅内に電気を供給すること(放電)ができなくなります。その場合も太陽光発電分を充電、もしくは停電が復旧すれば元に戻ります。

大規模な停電が続いた災害地で、
電気自動車が“走る蓄電池”として活躍

避難所や福祉施設などに電気を供給

2019年9月の台風15号の際には、停電が続いた千葉県内の避難所や福祉施設などで電気自動車が活躍。照明やスマホの充電など、様々な電気製品の電源として活用されました。

※出典:日産自動車株式会社 電気自動車(EV)総合情報サイト「EV BLOG」より。
https://ev.nissan.co.jp/BLOG/186/

ラインナップ

揺れに
対する強さは
耐震実験で
実証済みです

蓄電システム e-Pocket
設置場所によって屋外/屋内の2タイプ

屋外設置タイプ
屋外設置タイプ
屋内設置タイプ
屋内設置タイプ
災害による停電時にも、
大容量タイプならより安心です。
容量 大容量(屋外) 大容量(屋外) 中容量(屋内) 小容量(屋内)
タイプ ハイブリッド蓄電システム 単機能蓄電システム トライブリッド蓄電システム(VtoH連携可能)
蓄電容量
(定格容量)
通常時に
同時利用できる
電力量
12kWh NEW 11.1kWh 8kWh 4kWh
ニチコン ニチコン ニチコン ニチコン
ニチコン 12kWh ニチコン 11.1kWh ニチコン 8kWh ニチコン 4kWh
本体保証 15年 10年 15年
停電時
使用可能
電力
家まるごと仕様※2
(分電盤60Aまで仕様可能)※3
一部使用可(特定した自立用分電盤2回路のみ)
最大約24時間
使用可能※4
20時間
使用可能
16時間
使用可能
8時間
使用可能
同時に使用できる家電の一例
  • IHクッキング
    ヒーター
  • エアコン
    200V
  • エコキュート
同時に使用できる家電の一例
  • 冷蔵庫
    180W
  • 照明
    (LED12個)
    100W
  • 携帯電話
    充電
    10W
  • 液晶テレビ
    150W
  • パソコン
    30W
  • 同時利用1500Wの場合。消費電力は目安であり、機器の効率などにより異なります。
ハイブリッド蓄電システム
ハイブリッド蓄電システムとは?

ソーラーパネルと蓄電池、それぞれに必要だったパワコン(パワーコンディショナ)が、ハイブリッド蓄電システムなら、1台で済みます。

トライブリッド蓄電システム
トライブリッド蓄電システムとは?

蓄電池だけでなく、電気自動車とつながるVtoHスタンドも含めて、1台のパワコンで制御可能。コントロールすることができます。

  • 自然災害補償範囲:火災、破裂、爆発、落雷、風災(台風、旋風、暴風、暴風雨等を言い、洪水、高潮等を除く)、ひょう災、雪災(豪雪、雪崩等を言い、融雪洪水を除く)、水災(台風、暴風雨、豪雨等による洪水・融雪洪水・高潮・土砂崩れ・落石等を言う)。
  • 生命にかかわる機器(医療機器等)は別途電源の確保が必要です。安全上、エレベーターがある場合は停電時使用できません。分電盤の容量が60Aを超える場合、別途分電盤が追加で必要となり、当該追加分は「家まるごと仕様」の対象外となり、停電時電気が供給されません。
  • 分電盤と分岐された回路へは、電力は供給されません。
  • 以下の標準的な家電使用を前提とした試算値であり、保証値ではありません。テレビ10時間(0.45kWh)、照明8時間(0.32kWh)、スマホ・タブレット充電2時間(0.09kWh)、ルーター24時間(0.36kWh)、冷蔵庫24時間(1.2kWh)、エアコン24時間(7.2kWh)、IH調理器0.5時間(0.45kWh)。
  • 蓄電池ユニットを設置後、電気自動車(EV、PHEVなど)のご購入時に設置することも可能です。

VtoH
停電時にも、同時にたくさんの家電などを使用することが可能※6

VtoH
  • 停電時において、電気自動車の蓄電池容量が自動車メーカーが設定している放電下限値(車種により異なる)を下回る場合、宅内に電気を供給すること(放電)ができなくなります。その場合も太陽光発電分を充電、もしくは停電が復旧すれば元に戻ります。
家とクルマとで、電力を最適活用。
電気自動車に電気を
たっぷりと
蓄えられるので、停電時もより安心です。
同時利用できる家電の一例
  • 消費電力は目安であり、機器の効率などにより異なります。
VtoH(ニチコン)

通常の同時利用最大3000W(太陽光発電していない場合は
2000Wまで)

あらかじめ計画した
コンセントのみ利用可能
VtoH(ニチコン)
  • 電気ケトル1250W
  • 冷蔵庫180W
  • 液晶テレビ150W
  • 照明
    (LED12個)
    100W
  • 扇風機20W
  • パソコン30W
  • 携帯電話
    充電
    10W
VtoH(三菱電機)

通常の同時利用最大5900W(停電時も約5900Wまで)

200VのIHコンロや
冷暖房もOK!
VtoH(三菱電機)
  • IHクッキング
    ヒーター
    1500W
  • エアコン700W
  • 冷蔵庫180W
  • 液晶テレビ150W
  • 照明
    (LED12個)
    100W
  • 電気ケトル1250W
  • 電子レンジ1450W
  • 扇風機20W
  • パソコン30W
  • 携帯電話
    充電
    10W
蓄電池とVtoHの両方があれば、
さらに安心の“自給自足型”生活へ※7

蓄電池と電気自動車、両方に貯めた電気をたっぷりと使うことが可能に※8。万一の災害による停電時も、さらに安心です。

  • 自宅の太陽光発電のみで、すべての電力を賄うことはできません。足りない分は買電が必要です。
  • 蓄電池と電気自動車の両方から同時に電気を供給することはできません。

ライフライン・エネルギーの
リフォーム

お役立ちの最新情報をお届け!

ページ上部へ

セキスイハイムは、地球環境にやさしく60年以上安心して快適に住み続けることのできる住まいです

注文住宅

分譲地

賃貸住宅

オーナーサポート

リフォーム

中古住宅

住み替え

高齢者住宅