オーナー様向けカタログ

お手元でご覧になりたい場合は、
無料で資料請求もできます。

  • ファミエス総合カタログ

  • わが家をもっと好きになる
    リフォーム実例集

  • 外装リフレッシュ
    総合カタログ

蓄電システムの仕組み

蓄電池に余った電気を貯めておけば、
夜の買電も抑えられる

蓄電池に余った電気を貯めておけば、夜の買電も抑えられる
1日の電力のうごき

1日の電力のうごき

蓄電池の
メリット
  • 自家発電して昼間に余った電気を夜に使える
  • 安い深夜電力も充電できる
  • 夜間の停電時にも電気が使える

電気自動車(VtoH)の仕組み

電気自動車があれば、余った電気の活用
の幅がVtoH※1でさらに広がる

VtoHの
メリット
  • 外で充電した電気を家でも利用可能
  • 停電時にも電気自動車の電気が使える※2
  • 太陽光で創ったクリーンな電力でエコドライブ
  • 「Vehicle to Home」の略称。電気自動車(EV)のバッテリーに貯めたエネルギーを家庭用電力として利用できるシステムのこと。
  • 停電時において、電気自動車の蓄電池容量が自動車メーカーが設定している放電下限値(車種により異なる)またはセキスイハイムが販売するVtoHシステムに設定されている放電下限値のいずれかを下回る場合、宅内に電気を供給すること(放電)や電気自動車に充電することができなくなります。その場合も太陽光発電分を充電、もしくは停電が復旧すれば元に戻ります。車種により対応が異なりますので、詳しくは営業担当にお問い合わせください。

貯めて使うメリット

万一の災害による停電時も、
電力確保で自宅が安心の避難所に

【非常運転モード】※3
頑丈なハイムこそライフラインの確保を

夜間の停電時でも自宅で電気が使えます※4。照明はもちろん、TVや携帯電話から最新情報の入手が可能。冷蔵庫も使えて便利です。

夜に蓄電池が空になっても、翌日また充電

もし夜の間に蓄電池の電気を使い切ったとしても、翌日にまた太陽光で発電して蓄電池に充電し※5、夜になればまたその電気を使うことが可能。安心のサイクルを実現できます。

  • 蓄電池のタイプによっては、停電時の電力が使用可能なのは、事前に計画したコンセント・スイッチに限られます。 このイラストはイメージです。
  • 同時に利用できる電力量には制限があり、停電時の蓄電量によって、使用できる電力量が異なります。
  • 蓄電池のタイプによって、太陽光発電のリモコン/パワコンの切替操作により充電できる機種と、自動で充電できる機種とがあります。

余った電気は“自家消費”して、
“自給自足型※6”生活へのシフトがおすすめ

昼は売らずにできるだけ使い、
余ったら貯めて、朝晩に使う

昼間に発電して余った電気は、できるだけ自宅で使うことで、買電量を削減。使い切れなかった電気は蓄電池に貯めて夜に使用すれば、夜間も電気を極力買わずに済むので、“自給自足型※6”生活の実現につながります。

  • 全ての電力を賄えるわけではありません。それに伴い、電力会社から電力を購入する必要があります。

蓄電池商品紹介

ソーラー容量などに応じて、
多彩なラインナップをご用意

低価格帯
(容量小)
高価格帯
(容量大)
単機能
パワコン15年保証
ニチコン製
蓄電容量4kWh
単機能
パワコン※8
トライブリッドパワコン
容量10年保証
ニチコン製
蓄電容量8kWh
単機能
パワコン※8
トライブリッドパワコン
容量10年保証
ニチコン製
蓄電容量11.1kWh
単機能
パワコン
ハイブリッドパワコン
容量10年保証
  • 本商品のみ、パワコン保証期間は10年となります。
一体型
パワコン15年保証
ニチコン製
蓄電容量4kWh
トライブリッド
パワコン
トライブリッドパワコン
容量15年保証
ニチコン製
蓄電容量8kWh
トライブリッド
パワコン
トライブリッドパワコン
容量15年保証
京セラ製
蓄電容量12kWh
ハイブリッド
パワコン
ハイブリッドパワコン
容量20年保証
ニチコン製
蓄電容量12kWh
ハイブリッド
パワコン
ハイブリッドパワコン
容量15年保証
  • VtoHスタンドはパワコンと同時、または後付け設置が可能(2029年5月まで)。なお、VtoHスタンドの保証は10年になります。
  • 取扱説明書にはトライブリッド名称で記載。
  • 記載の蓄電容量は、実際に使用できる容量とは異なります。
  • 記載の容量保証は、蓄電容量が50%を下回った場合にのみ適用となります。有償対応となる場合もありますので、詳細は営業担当へお問い合わせください。リモコンは5年で、保証期間が違いますのでご注意ください。
商品別 仕様一覧
タイプ 単機能パワコン 一体型パワコン
容量
蓄電容量※9
【定格容量】※10
ニチコン製 ニチコン製 ニチコン製 ニチコン製 ニチコン製 京セラ製 ニチコン製
4kWh

【4kWh】

8kWh

【8kWh】

11.1kWh

【10.02kWh】

4kWh

【4kWh】

8kWh

【8kWh】

12kWh

【10.8kWh】

12kWh

【11.04kWh】

家まるごと仕様※11 ×(「家一部」のみ) オプション選択可※13 標準 標準
同時使用可能電力※12 約1,500W 約1,500W※14 約2,500W 約5,000W
  • 蓄電容量:蓄電池単体の最大放電可能容量
  • 定格容量:蓄電池単体の実使用時の容量(電池寿命を考慮して設定)
  • 契約容量が60A(12kVA)を超える場合、超過容量を分電盤より分岐する必要があります。分岐した分電盤、設置前に分岐されている分電盤、ブレーカーには、停電時に電力は供給されません。(その部分は「家まるごと仕様」対象外です)
  • 実際に使用できる電力量は、停電時に充電されている容量によって異なります。
  • 一体型パワコンのニチコン製トライブリッド蓄電池4/8kWhは、家一部仕様が標準ですが、オプションで家まるごと仕様への変更も可能です。
  • 日中発電時は発電した電力を含め、最大約2,500W使用可能です。

パワコン仕様(単機能/一体型)

単機能パワコン

既存ソーラーのパワコンはそのまま活かして、新たに追加するタイプ。低価格が特長。

一体型パワコン

蓄電池以外のパワコン機能も搭載されているタイプ。
パワコンが1台で済みます。

一体型パワコンの種類
ハイブリッド蓄電システム
A. ハイブリッドパワコン

ソーラーパネルと蓄電池、それぞれに必要だったパワコン(パワーコンディショナ)が、ハイブリッドパワコンなら、1台で済みます。

トライブリッド蓄電システム
B. トライブリッドパワコン

蓄電池だけでなく、電気自動車とつながるVtoHスタンドも含めて、1台のパワコンで制御することができます。

停電時に使用可能な電力範囲※15
目安時間(家一部/家まるごと)

「家一部仕様」

蓄電池の電力をあらかじめ指定したコンセント・スイッチで100V家電が使用が可能なタイプ。

同時に使用できる家電の一例※17
  • 冷蔵庫
    180W
  • 照明
    (LED12個)
    100W
  • 携帯電話
    充電(4台)
    40W
  • 液晶テレビ
    150W
  • パソコン
    30W
使用可能時間(単機能パワコンで容量別で比較)
小容量 中容量 大容量
8時間 16時間 20時間
  • 上の5家電(500W)を連続同時使用した場合。定格容量÷使用電力量で試算。
「家まるごと仕様」※16

蓄電池の電力を家じゅうのコンセント・スイッチで使用が可能なタイプ。200V家電も使えます。

同時に使用できる家電の一例※17
  • 冷蔵庫
    180W
  • 照明
    (LED12個)
    100W
  • 携帯電話
    充電(4台)
    40W
  • 液晶テレビ
    150W
  • パソコン
    30W
  • IHクッキングヒーター
    1000W
  • エアコン
    700W
使用可能時間

消費電力の大きな家電(200V)を使用しなければ、同クラス容量において、左記の「家一部仕様」と同程度の時間は使用可能。

  • 蓄電池の残量が無い場合は、電力は使用できません。同時に使用できる電力には限りがあります。生命に関わる機器(医療機器等)は別途電源の確保が必要です。実際に使用できる電力量は、停電時に充電されている容量によって異なります。
  • 「家まるごと仕様」は、機種により選べない場合があります。「家一部仕様」をオプションにより「家まるごと仕様」へ変更できる機種もあります。分電盤の容量が60Aを超える場合や、エレベーター採用の場合には、別途分電盤が追加で必要となり、当該追加分は「家まるごと仕様」の対象外となります。
  • 同時に使える電力は機種により異なります。家電・機器の種類によっては、動作しない場合もあります。

電気自動車と連携するVtoHなら、
よりたっぷりと利用可能 家まるごと仕様(オプション)も選択可能

停電時、同時利用できる家電の一例
VtoH(ニチコン)
通常時の同時利用最大3000W
VtoH(ニチコン)
  • 電気ケトル1250W
  • 冷蔵庫180W
  • 液晶テレビ150W
  • 照明
    (LED12個)
    100W
  • 扇風機20W
  • パソコン30W
  • 携帯電話
    充電
    10W
VtoH
  • 停電時において、電気自動車の蓄電池容量が自動車メーカーが設定している放電下限値(車種により異なる)またはセキスイハイムが販売するVtoHシステムに設定されている放電下限値のいずれかを下回る場合、宅内に電気を供給すること(放電)や電気自動車に充電することができなくなります。その場合も太陽光発電分を充電、もしくは停電が復旧すれば元に戻ります。車種により対応が異なりますので、詳しくは営業担当にお問い合わせください

蓄電池の導入は、
ファミエスにおまかせください。

安心施工

メーカー指定だけでなく、自社での施工マニュアルも準備し、システム全体の保証が充実。故障時のルールなども明確化し、将来のメンテナンスでも困りません。

▲ 施工マニュアル ▲ 保証書

事前検証

東日本大震災水戸波の約2.2倍にあたる2600gal(200サイクル)の加振実験で検証済み。安心してご使用いただけます。

▲ 2F設置を想定した加振実験

ファミエスならではの提案

蓄電池の機種によっては、ソーラーパネルとの相性が悪いと、適切に作動しない場合もあります。セキスイハイムでは、お客様邸の仕様が把握できており、ご用意している蓄電池ラインアップとの相性も確認できています。また豊富なノウハウで、お客様ごとの電力使用状況や、今後のライフスタイルに合わせたご提案も可能です。

  • 当社で施工した場合に限ります。
セキスイハイムのオーナーサポート

サポート一覧

設備の使い方

お手入れ

リフォーム

リフォームのカタログをさがす

お手元でご覧になりたい場合は、
無料で資料請求もできます。

  • ファミエス総合カタログ

  • わが家をもっと好きになる
    リフォーム実例集

  • 外装リフレッシュ
    総合カタログ

情報誌ほか

オーナー様向けカタログ

お手元でご覧になりたい場合は、
無料で資料請求もできます。

  • ファミエス総合カタログ

  • わが家をもっと好きになる
    リフォーム実例集

  • 外装リフレッシュ
    総合カタログ