照明器具のお手入れ

その他の秋のお手入れ

照明カバーやランプを掃除すると、本来の明るさに驚くことがあります。
秋の夜長を迎える前に、省エネのためにも一度お手入れしておきましょう。

Point1 電力を浪費しないためにもお手入れを

掃除をしないと、1年で
20〜40%も明るさがダウン。

照明カバーやランプは、空気中のホコリやキッチンからの油煙、タバコのヤニなどで少しずつ汚れていき、1年間掃除をしないと、リビングで約20%、キッチンでは約40%も明るさが低下するといわれています。そのために何ヶ所も照明をつければ、電力の浪費に!

蛍光ランプは、
適切な時期に交換を。

また、蛍光ランプは使っているうちに徐々に明るさが低下し、チラつきも多くなります。そのまま使い続けると点灯時の消費電力が増え、こちらも電力の浪費に。ランプの端が黒ずんできたら、早めに交換を。直管形は3年、環形や電球形は2年経過が交換の目安です。

Point2 照明カバー・ランプのお手入れ

ガラスやプラスチックは
中性洗剤で拭きます。

照明は、少なくとも半年に一度、カバーを外してお掃除を。ガラスやプラスチック製カバーは、中性洗剤の溶液をつけたスポンジで洗います。またシャンデリアのセードなど外せないものは中性洗剤の溶液をつけた雑巾で拭き、最後に水ぶきを。

和紙や竹などは
ホコリを取り除きます。

和紙・木・竹などのカバーは水気を嫌いますから、洗ったり水拭きすることはできません。やわらかいブラシやハケで、ていねいにホコリを取り除きます。一度汚れがつくと落としにくくなるので、こまめにホコリを払うのがポイントです。

ランプも外し、口金部を
濡らさずに水拭きします。

ランプは、固く絞った雑巾でやさしく拭きます。油汚れなどがついていたら、中性洗剤の溶液をつけた雑巾で拭き、その後水拭きを。ただし、白熱電球も蛍光ランプも口金部は絶対濡らさずに、ガラス部分だけをやさしく拭くようにしてください。

Point3 照明カバーの外し方

「回転式」は、右または
左に回して外します。

ここでは代表的なパターンのみをご紹介しますので、その他の器具は、お手元の「お手入れ読本」や取扱説明書などをご参照ください。まず、上のような「回転式」は、カバーを右または左に回すと「カチッ」と音がしてツメが外れます。あとはそのまま下に降ろすだけ。

「Vバネ式」は、Vバネを
絞りながら外します。

まず、カバーをゆっくり下に下げ、すき間を開けます。すき間に、逆Vの字のバネが見えたら、それを絞りながら受け金具から外します。取り付ける際は、片方ずつVバネを絞りながらカバーの金具に通し、最後にカバーを押し上げて本体に固定します。

「L字レバー式」は
レバーを回転させます。

上のような「L字レバー式」は、下向きになっているL字レバーを回転させて横向きにします。4ヶ所すべてのレバーを横向きにした後、カバーを引き降ろして外します。

ここに注意!

注意しましょう

  • お掃除の際は、必ずスイッチまたはブレーカーを切り、ランプが冷えたのを確認してから始めてください。
  • カバーやランプの取り外し・取り付けの際は、安定した脚立や踏み台を使ってください。
    上を向いての作業になりますから、足元に十分注意し、できるだけ二人で行いましょう。
  • 照明カバーもランプも、お掃除後は十分に乾かしてから器具に取り付けてください。

カバーのお手入れ目安

ガラスやプラスチックは、月1回洗剤拭き。

ランプのお手入れ目安

月1回から拭き。白熱灯は切れたら交換、蛍光灯はチラつき・黒ずみが出たら交換。

こんなときはセキスイへ

照明器具も、10年を過ぎたらそろそろ取り替えの時期。
部屋の広さや使い方に応じて適切な照明器具をご紹介しますので、セキスイまでお気軽にご相談ください。

知ってると便利 明かりの省エネ

54Wの白熱電球と12Wの電球形蛍光ランプは、
ワット数は違っても明るさは同じ。
蛍光ランプは白熱電球に比べ電気代が4分の1以下と少なく、
しかも寿命も長いので、最初のランプ代は多少高くても
トータルで考えれば経済的です。
最近は電球形蛍光ランプも増えていますから、
ランプの付け替えだけで簡単に省エネすることができます。

6000時間点灯した場合
(財)省エネルギーセンター調べ

そろそろリフォームも考えてみませんか?

セキスイハイム・ツーユーホームのオーナーさま向け
「オーナーひろば」