エアコンの点検・掃除

その他の春のお手入れ

暖房に冷房に大活躍のエアコンですが、フィルターも本体も、思った以上に汚れています。
シーズン前に、点検も兼ねて一度キレイにしておきましょう。

Point1 フィルターを掃除する

電源を切ってから
フィルターを外します。

フィルターにホコリがたまると、悪臭の原因になったりカビ・ダニの温床になるほか、冷暖房効率も落ちて電気のムダ使いに。シーズン中も、2週間に一度はフィルターを掃除しましょう。最初にエアコンの電源を切り、カバーを開けてフィルターを取り出します。

掃除機をかけて
ホコリを吸い取ります。

フィルターは一見きれいでも、案外ホコリがついています。床に置くか、または片側に新聞紙などを当て、反対側から掃除機をかけます。フィルターが目詰まりしている場合は、やわらかめのブラシなどでかき出しながら吸い取ると効果的です。

汚れがひどいときは
中性洗剤で洗います。

掃除機で取りきれないホコリや汚れは、中性洗剤を溶かしたぬるま湯をスポンジなどに付けて洗うとスッキリします。力を入れてゴシゴシこするとフィルターを傷めるので、やさしくていねいにこすりましょう。最後は洗剤をキレイに洗い流し、日陰でよく乾かします。

Point2 エアコン本体を掃除する

本体についたホコリも
掃除機で吸い取ります。

本体のアルミフィンに付着したホコリも、悪臭やカビの元。フィルターを外したついでに、アルミフィンにも掃除機をかけておきましょう(ブラシでホコリをかき出しながら吸い取ると効果的)。高所での作業になるため、足元の安全にはくれぐれもご注意ください。

汚れや悪臭がひどければ、
内部を洗浄します。

最近では、簡単にエアコン内部を掃除できるエアゾールタイプの洗浄剤も市販されていますから、シーズンの初めや臭いが気になるときは、一度洗浄を。10cmぐらい手前から、洗浄剤をフィン全体に吹き付けるだけ。洗浄後は、屋外のドレンから汚水が出てきます。

洗浄後は、送風運転で
内部を乾かします。

本体洗浄後は、1時間程度「送風」運転にして、内部を完全に乾かします。せっかく洗浄しても、内部に湿気が残っていると、再びカビが発生しやすくなるからです。そのためにも、湿気の少ない晴天の日に洗浄するのがおすすめです。

Point3 換気ガラリのフィルターを掃除する

スイッチを切り、
カバーを外します。

「24時間換気システム」が設置されているご家庭では、居室換気ガラリのフィルターも、季節に一度お掃除を。まず「全館換気スイッチ」をOFFにした後、安定した脚立などに乗り、カバーを下に下げながら下端部を手前に引いて外します。

フィルターを外し、
ホコリを取り除きます。

カバーを外したら、フェルト状のフィルターの右または左端をつかみ、めくるようにして取り出します。取り出したフィルターの外側には、たくさんのホコリや花粉が付着していますから、屋外で軽くたたいて払うか、掃除機をかけて取り除いておきましょう。

ぬるま湯につけて
軽く洗います。

次に、フィルターを中性洗剤を溶かしたぬるま湯につけて押し洗いし、内部まで入り込んだホコリや汚れを洗い流します。その後水ですすぎ、日陰に干して乾かします。何回か洗っているうちにフィルターが傷んできたら、新しいフィルターに交換してください。

ここに注意!

注意しましょう

  • エアコンや換気ガラリの掃除は、安全のため必ず電源を切ってから行ってください。
  • エアコンや換気ガラリの掃除は、高い場所での作業になります。安定した脚立に乗るなど、足元の安全を確保して行ってください。
  • フィルター類を洗うときは、強力な洗剤は使わず、中性洗剤を使用してください。
    また、傷の原因となる固い金属タワシを使ったり、力を入れてゴシゴシ洗うのは避けてください。

エアコンフィルターのお手入れ目安

シーズン中は、2週間に1回、掃除機でホコリを吸い取るか、中性洗剤で洗浄。

エアコン本体のお手入れ目安

シーズン前にエアゾールタイプの洗浄剤で洗浄。

換気ガラリのフィルターのお手入れ目安

季節に1回、ホコリを取り除き中性洗剤で洗浄。傷んできたら、新しいフィルターに交換。

こんなときはセキスイへ

計画換気システム「空気工房」を採用されている場合は、熱交換器やフィルター類のお手入れが必要です。
お手元の「お手入れ読本」や取扱説明書をご覧いただくか、またはセキスイまでお問い合わせください。

知ってると便利 エアコンの省エネ

手が届きにくいところだけに、エアコンのフィルター掃除はなかなか億劫。
でも、フィルターの汚れは電気代に大きく影響するのです。
たとえば、2週間に一度フィルター掃除をした場合は、掃除をしない場合に比べ、
電気代が年間約700円もおトク!(東京電力調べ)仮に、3台あれば、その3倍に。
こまめなフィルター掃除で、電気代を節約しましょう。

そろそろリフォームも考えてみませんか?

セキスイハイム・ツーユーホームのオーナーさま向け
「オーナーひろば」