セキスイハイム・ツーユーホームにお住まいの方向けサイト

case76

家族時間が増えて嬉しい
「仕切り」を作らない
暮らし方

神奈川県/ハイム NEWアバンテ

黒い柱とカウンターが
アクセントのLDK

これまでの住まい

ご要望
  • これからを考え、キッチンや和室も含めたLDKの改装を検討したい
  • 収納量は減らさずに、更に充実させたい
  • 家の中の動線を良くしたい
空間的な悩み
  • キッチンは暗く、仕切もあって閉塞感があった
  • キッチン、リビング・ダイニング、和室がそれぞれ独立しているが広く使いたい
  • 南側の和室は、子供が独立して使わなくなりもったいない
  • キッチン、LD、和室がそれぞれ独立
  • 使っていない和室が間取りの中心に
これまでの住まいの間取り1F これまでの住まいの間取り1F
これまでの
住まいの間取り(1階)

リフォームのアイデア

キッチンを中心に家族が集まる
LDKをご提案
  • 和室をなくしてリビングとつなぎ、キッチンをセンターに配置して部屋全体が見渡せるように
  • サニタリーは、LDKからのアクセスにし家事動線を改善
  • スタイリッシュでやさしい印象の内装
  • 必要なところへ収納を分散配置
リフォームのポイント
家事動線や十分な収納力を考慮しつつ、間取りを考え、おしゃれなご夫妻に似合うよう、スタイリッシュでやさしい印象の内装をご提案しました。
東京セキスイファミエス(株)
  • キッチン中心の家事導線
  • 和室をなくし、光が部屋全体に差し込む大空間
これまでの住まいの間取り1F これまでの住まいの間取り1F

リフォーム後の暮らし

光と風が通り抜ける、さわやかなキッチン

どこにいても家族を感じられる

生活の変化で使うことが少なくなった和室をなくし、閉塞感があったキッチンをオープンな対面式に替え、一大空間へと生まれ変わったLDK。仕切りがなくなり、キッチンに立てば家中見渡せて、自然と家族が近くに感じられます。
「家族の一体感が感じられるようになりました」と、奥さまも大変ご満足でした。

8人が座れるテーブルも余裕で置ける広さ

「今日は
どんな日だった?」
子供の一日が分かる場所

黒のカウンターに赤い張地のハイチェアがスタイリッシュな雰囲気。お子さまが帰宅されるとここで食事をとることも。
「いつも1人で料理をしていたけれど、リフォーム後は娘とカウンター越しに話をしながらキッチンにたっています」と奥さま。お子さまの毎日の出来事を確認する、夕暮れのコミュニケーションタイムが生まれました。

広いLDKがブラックで引き締まる

家族一人一人の生活動線がスムーズに

今よりさらに充実させたいとご要望があった収納は、家族それぞれの生活動線を考慮し、必要な場所ごとに分散させて配置。皆が使う家電はキッチン入口に、個人の着替えはサニタリー前にしまえるように。
また、勝手口横に2つ収納をつくり、片側は洗剤のストックや分別ごみ、反対側はパントリーに。ゴミ出しがさっとできるようになり、生活動線の良さを実感されています。

勝手口両側のアクセントクロスが素敵
階段蹴込みはホワイト、踏み台をブラウンと色分けし、収納扉にはメタリックグレーのシートを。形はそのままの玄関ホールが全く新しい印象に。
上部奥にエアコンもセットできるようにした壁面収納。リビングに散らかりがちな小物は全てこの中に収まり、部屋がすっきり片付くようになりました。
ダイニングの奥には壁と間違えそうな白い扉の収納。取手レスにしたので、お客様が壁だと勘違いしてしまうほどすっきりとした仕上がりです。

間取りの変化

「新築の頃は、和室があるのがふつうでしたが、今は暮らし方が変わりまして。
リフォームして良かったです。」

リフォーム前後の間取りの変化
リフォーム内容
改装内容 和室をなくして広いLDKに(床暖房・窓サッシ含む)、キッチン設備交換、洗面・トイレ改装、玄関ホール・階段改装
施工会社 東京セキスイファミエス(株)
住まいデータ
ご家族 神奈川県 Hさま
建物タイプ ハイム NEWアバンテ
築年数 築28年
家族構成 ご主人(54歳)、奥さま(53歳)のご夫婦、ご長男、ご長女の4人ご家族

※地域の条件・住宅のタイプ・建物の仕様によっては、同じように対応できないケースもあります。

ページ上部へ

セキスイハイムは、地球環境にやさしく60年以上安心して快適に住み続けることのできる住まいです

注文住宅

分譲地

賃貸住宅

オーナーサポート

リフォーム

中古住宅

住み替え

高齢者住宅