現在地:
HOME > おすすめリフォーム > 介護リフォーム


60歳になった時の平均余命は、女性で28年、男性で23年。
子育て・仕事に追われた年数と同じくらいのこれからを豊かに、そして、健康に暮らすためには何をしたらよいのでしょうか。
健康を維持し介護を予防するためには、暮らしの器である住まいの環境を早めに整えることは欠かせません。
もしも、いつかいつかとリフォームを後回しにしたとして、今から5〜10年先のことを考えてみてください。
その頃には、リフォームに伴う整理整頓作業の負担もとても大きく、億劫になります。
ずっと自宅に住みつづけるために、そしていつまでも安心して健康な暮らしを謳歌するために、60歳はリフォームを考える最適年齢といえるのです
  

  
  ▼下記項目はカタログ版をWEB用に見やすくしたものです。

60歳がリフォームのタイミング 
60歳がリフォームのタイミング
60歳がリフォームのタイミング
60歳がリフォームのタイミング
60歳がリフォームのタイミング
60歳がリフォームのタイミング
60歳がリフォームのタイミング
60歳がリフォームのタイミング
     
     
-高齢期における温熱環境の大切さを検証-
詳しくはこちら
健康であり続けたいと願うすべての人に、 住まいと暮らしに健康学コンテンツ公開中