熱交換型換気扇のお手入れ

空調のお手入れ

一般の換気扇は室内の空気を外部に放出しますが、
この熱交換型換気扇は、同時に外部からの新鮮な空気を取り入れます。
さらに熱交換器が内蔵されているので、エネルギーのロスが少なくなります。

熱交換器のお手入れ

月に1度はお掃除してください。

ロスナイ(三菱電機)

グリル下側にある手掛けを持ち、手前に引き上げながら上へ持ち上げ、グリルをはずします
熱交換器の上下を持ち、手前に引いて取り出します
掃除機に"はぼき"をつけ、熱交換器の表面についた
ホコリを取ります。水はかけないでください

ロスノン(東芝)

本体下部のネジをゆるめ、ドレン受け、
前面パネルをはずします
蝶ネジを左に回してはずします
熱交換器のハンドルを持ち上げるようにして、
手前に引き出します
掃除機にはぼきをつけ、熱交換器の表面についた
ホコリを取ります
ガンコな汚れは、熱交換器に水道水を直接
かけ洗い流します
日陰で自然乾燥したあと取りつけます

注意事項

感電の原因になります

お手入れは壁スイッチ(またはブレーカー)を「切」にして行ってください。

キズ・損傷の原因になります

熱湯、薬品、揮発性の溶剤、みがき粉、金属たわし、
アルカリ性の石けん水、化学ぞうきんは使用しないでください。

火に近づけたり、ドライヤーなどを使用したりしないでください。

熱交換器に針金、ドライバー、掃除用のノズルなどを当てて
目をつぶすと性能が低下してしまいます。
熱交換器はていねいに扱ってください。

スプレー(殺虫剤、除草用など)、シンナー、
ベンジン、アルコールなどをかけないでください。

その他の空調のお手入れ

そろそろリフォームも考えてみませんか?

セキスイハイム・ツーユーホームのオーナーさま向け
「オーナーひろば」